• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > くらし > 防災 > 平成25年3月7日から津波警報が変わりました

ここから本文です。

更新日:2013年3月8日

平成25年3月7日から津波警報が変わりました

 気象庁は、津波警報を改善し、平成25年3月7日から運用を開始しました。
 気象庁では、地震発生直後にその地震の規模(マグニチュード)を推定し、それをもとに発生する津波の高さを予想しています。しかし、巨大地震の場合は正しい地震の規模をすぐに推定できないため、最大級の津波を想定して大津波警報や津波警報を発表することにしました。この場合、予想される津波の高さについて大津波警報では「巨大」、津波警報では「高い」とい言葉で発表します。「巨大」という言葉を使った大津波警報が発表されたときは、東日本大震災のような巨大な津波が襲うおそれがあります。直ちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。
 また、津波が観測されたときには観測情報を発表します。津波は何度も繰り返し襲い、あとから来る津波の方が高くなることがあるため、高い津波が来る前は、津波の高さを数値ではなく「観測中」と発表します。「観測中」と発表された場合はこれから高い津波が来ると考えて警戒を続けましょう。
 津波警報は、震源が沿岸に近いと津波の到達に間に合わないこともあります。海のそばで強い揺れや弱くても長い揺れを感じたら、直ちに高いところへ避難を始めてください。
 詳しくは下記リンクをご参照ください。

 ・リーフレット「津波警報が変わりました」(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開く)

問い合わせ先:津地方気象台防災業務課
電話番号:059-228-6818

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務課防災危機管理室

〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1-1

電話番号:0599-25-1118

ファックス番号:0599-25-1138