• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2018年8月1日

vol.14地域で頑張る団体たとえば老人クラブ

昨秋、市老人クラブ役員との懇談会で、クラブ活動についていろいろと話を聞く機会がありました。
市内の高齢者数は年々増加しており、人口1万8929人(6月末日現在)のうち高齢者6922人で高齢化率36.6%となっています。今後、団塊の世代が75歳以上になる2025年をピークにさらに上昇していきます。
市老人クラブ連合会は、創立54年の歴史と伝統ある高齢者団体として「健康・友愛・奉仕」の三大目標を掲げてそれぞれの地域で「高齢者の健康つくりのために」「お互い助け合いのために」「地域のために」などの「ために」なる活動を行っています。まさに地域においては欠くことのできない団体です。
一方、高齢者人口は増加するにもかかわらず、老人クラブへの加入者は減少し、現在26クラブ、会員2,566人で構成されています。2000年のピーク時には35クラブ、会員は4,050人でした。会員の減少が続いている状況です。
また役員のなり手もなく、会員の高齢化で活動に支障が出てきており、会員の増強、未組織地区の組織化、休会地区の再開・防止、リーダーの育成が今後の大きな課題となっているとのことでした。
今回、市老連さんのお話を中心にコラムに取り上げさせていただきましたが、老人クラブに限らず子ども会や婦人会などさまざまな団体が、この人口減少の流れを受け、それぞれが苦心されていると各所で耳にしているところです。
市としては、これからも、それぞれが幸福を実感できる地域づくりのために、みなさんを支援しつつ、また力をお借りしながら市政を進めてまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
そういったことの何かのヒントになるでしょうか。新しい試みとして「ふるさとがえり」映画上映会を市内各所で開催しています。
地域の中で、何にために誰と生きるのか・・・今回のコラムのモヤモヤ感に一石を投じてくれるような内容です。
わたしの都合が合えば、上映会後、一緒に感想を語り合うという趣向になっています。
申し込みは市民課です。
団体でも有志でもかまいません。5人以上集まっていただければどこへでも出向きます。上映会は無料です。
ぜひ、次回は、あなたのそばで・・・

ふるさと

通信ボックス

新しく始まったこのコーナーでは、市長の政策上の考え方や、その時々の話題に沿った思いなどを市長自身が執筆します。
そして、市民のみなさんからいただいた感想やご意見をこの「通信ボックス」で紹介したり、改めて市長からご返事を掲載しながら、双方向の意見交換をしたいと思います。みなさんの積極的なご参加をお願いします。

ご意見・ご感想の送付先

総務課秘書広報係(〒517-0011鳥羽市鳥羽三丁目1番1号、FAX0599-26-2474)または、市のホームページ(http://www.city.toba.mie.jp/top.html)のトップページの「ご意見・ご質問」へ。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務課秘書係

〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1-1

電話番号:0599-25-1105

ファックス番号:0599-25-1233