• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2019年9月1日

vol.26あやしい人は見分けられるの?

次のうち あやしい人は何人いるでしょう?

190901nakamura

選べましたか?答えは「わかりません」と答えた人が、安全感覚の高い人といえるのだそうです。スーツ姿で身ぎれいにしていれば、いい人なのでしょうか?サングラスやマスクをしてニット帽をかぶった人が不審者なのでしょうか?考えてみれば、わたしたちは子どもに「悪い人に気をつけて」と諭しますが、外見では判断つかないもので、あらかじめ不審者かどうかは分からないのです。悪いことをしようとする人はサングラスやマスクをしていかにも不審者だという雰囲気で子どもに近づいてきたりしませんよね。一方で人に会ったら挨拶をしましょうって教えられていますから子どもも迷ってしまいます。
安全安心なまちづくりを進めるにあたっては、犯罪原因論と犯罪機会論というのがあるそうです。犯罪原因論というのは、犯罪には原因があるからまず原因を探す。それを探したらその原因をなくす。犯罪者をなくす。犯罪者の心を直す。といった理論です。もうひとつの犯罪機会論というのは、悪いことをしようとする人に対してそのチャンスをつくらせない。地域からできるだけ犯罪の機会を減らそう、とするものです。犯罪の機会を減らすというのは「このまちの人たちは、みんな自分の住むまちに関心を持っているなぁ」と思わせることなのだそうです。例をあげると、ゴミが散乱していない、放置自転車や路上駐車がない、小まめに草刈りをしている・・・いい意味で縄張り意識の高い地域ともいえます。犯罪者からすれば、何か悪いことをしたらすぐに通報されそうだ。とか、地域の人が外からきた自分を注目していそうだ、という雰囲気づくりが有効だということです。

そこで、11月4日(月・祝)午後だいじょうぶキャンペーン/地域安全マップ教室を開催します。単なる通学路の安全マップのみならず、地域づくりにも役立つ実践的なアドバイスをいただきます。講師は「世界一受けたい授業」にも出演された立正大学の小宮信夫教授です。詳細は10月号でもお知らせします。私イチオシの講演会です。お楽しみに!

 

通信ボックス

新しく始まったこのコーナーでは、市長の政策上の考え方や、その時々の話題に沿った思いなどを市長自身が執筆します。
そして、市民のみなさんからいただいた感想やご意見をこの「通信ボックス」で紹介したり、改めて市長からご返事を掲載しながら、双方向の意見交換をしたいと思います。みなさんの積極的なご参加をお願いします。

ご意見・ご感想の送付先

総務課秘書広報係(〒517-0011鳥羽市鳥羽三丁目1番1号、FAX0599-26-2474)または、市のホームページ(http://www.city.toba.mie.jp/top.html)のトップページの「ご意見・ご質問」へ。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務課秘書係

〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1-1

電話番号:0599-25-1105

ファックス番号:0599-25-1233