• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > 市政情報 > 鳥羽市長のページ > 平成29年度定例記者会見 > 平成29年8月定例記者会見日時:平成29年8月31日(木曜日)

ここから本文です。

更新日:2018年3月28日

平成29年度定例記者会見

定例記者会見資料を掲載いたします。

平成29年8月定例記者会見日時:平成29年8月31日(木曜日)

1.平成29年9月5日鳥羽市議会会議提出議案について

記者からの質問・回答

Q:インバウンド対策事業の国際シンポジウムの会場はどこか。
A:鳥羽国際ホテルです。
Q:鳥羽市で活躍される女性を招くとあるが、どのような方々か。
A:今からの調整で、県の方が改めて記者会見します。
Q:観光振興推進事業の鳥羽でしたいこと108企画とは。実施主体は。
A:鳥羽(108)にかけてあって、観光協会さんの方で企画を出しましたので、色々な企画が出ると思います。観光
  協会が実施主体で、鳥羽市が2分の1補助します。
Q:ハワイアンのプレイベントはいつ行われるのか。
A:プレイベント自体は、年度末の3月くらいを予定しています。内容はフラダンス系です。
Q:議案第17号指定管理者の指定について、10月3日のオープンの日から指定管理者か。
A:そのとおりです。市立海の博物館として、2年半です。記念式典も計画中です。
Q:サミットからの1年が過ぎたが今回の補正予算案に観光振興等にかける期待は。
市長:サミットの効果は薄れてしまったと言われる方も見えますが、まだまだ効果などが浮遊していて、その効果は
    残っているのでそれを上手く捕まえて、何度も利活用できるのがサミット効果だと思っていますし、色々な
    ところから提案があれば適宜対応していきたい。
Q:市長から見て特に期待している事業は。
市長:観光協会の中にありますけれど、市外・県外から来ていただいた方々に鳥羽の良さを分かっていただいて
    発信していただくということで、市内に来られる方を大切にしたい。
Q:離島漁業再生支援交付金事業について、交付先は。また、海底耕耘事業とは。目的は。
A:交付先は漁協です。海底耕耘事業とは、海の泥を耕すような機械の購入経費と耕す作業をする経費で、国の
  補助金を活用します。目的は、固まっている養分をかき混ぜて活性化するもので、答志、和具、桃取で行う。

2.鳥羽市敬老の日記念事業について

記者からの質問・回答

Q:最高齢の小池いせさんの年齢は。
A:9月1日現在、108歳で年度末までには109歳になります。

3.鳥羽市バイスタンダーサポートカード事業について

記者からの質問・回答

Q:運用のきっかけは。導入しての効果は。
A:今年度中の予定も議会からの質問もあり、来月から始めます。効果は、感謝の意を表することと、現場の惨状
  に対する精神的な相談のほか、啓発等も積極的にしてもらえる。
Q:何か特典があるのか。年間何枚くらい配布される見込みか。
A:特典はないです。全国的にもない。年間500件くらいです。
Q:三重県で最初に導入されますが、このカードがどのように発展すれば良いと考えますか。
市長:感謝もそうですが、凄惨な現場で負った心の傷をケアするのに、このカードの連絡先等情報があることは、
    心強いものであると思います。

4.その他

記者からの質問・回答

  質疑なし

 

平成30年度

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務課秘書係

〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1-1

電話番号:0599-25-1105

ファックス番号:0599-25-1233