• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > 市政情報 > 鳥羽市長のページ > 平成26年12月定例記者会見

ここから本文です。

更新日:2015年7月31日

平成26年12月定例記者会見

定例記者会見資料を掲載いたします。

平成26年12月定例記者会見【12月26日(金曜日)】

1.2014年鳥羽市のビッグニュースについて

記者からの質問・回答

Q:もっとも印象深かったのはなにか。
A:苦労をしたという意味から答えると、鳥羽マルシェ開設と菅島採石場の緑化協定である。
マルシェについては、オープンまでに紆余曲折があった。菅島採石場については長い間議論し、満足の行く結果ではないが協定を締結した。

2.鳥羽市シティプロモーション第3弾ポスターについて

質疑なし

3.鳥羽市制施行60周年記念事業「あなたの夢を叶えます」放送日時について

質疑なし

4.平成26年12月26日市長職員訓示について

質疑なし

5.その他

記者からの質問・回答

Q:来年以降観光誘致としての方向性など考えていることは。
A:漁業と観光の連携はやっていかなければならないと考えている。
Q:具体的な取り組みは決まっているのか。
A:計画策定の段階であり中身はこれからである。
Q:臨時国会で空き家を行政が処分できるようにするというのがあったが、鳥羽市としての取り組みはどうか。
A:鳥羽市は空き家条例を制定し行動が出来るようにはなった。国の法整備が有効に活用できればいいが、具体的な取り組みは決めていない。空き家を活用して企業するという考え方もあり、それに対しては市も協力していこうと考えている。
Q:来年はどういう年であってほしいか。
A:人口減少や少子高齢化の問題は、中々すぐに改善することは難しいと思うが、国も地方創生、東京一極集中、人口減に対して改善しなければならないという姿勢を見せ始めたと思うので、そういうことが回復する年になってほしい。鳥羽だけでやっていても焼け石に水であり、日本全体でやらないとうまくいかない。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務課秘書係

〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1-1

電話番号:0599-25-1105

ファックス番号:0599-25-1233