• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > 市政情報 > 鳥羽市長のページ > 平成27年6月定例記者会見日時:平成27年6月30日(金曜日)

ここから本文です。

更新日:2015年7月31日

平成27年6月定例記者会見日時:平成27年6月30日(金曜日)

定例記者会見資料を掲載いたします。

平成27年6月定例記者会見日時:平成27年6月30日(金曜日)

1.伊勢志摩サミット鳥羽おもてなし会議の開催について

記者からの質問・回答

Q:会議の会長はだれか。
A:鳥羽市長です。
Q:各団体から一人が出るのか。
A:そうです。別に実行委員会を設置したい。
Q:具体的な提案があるのか。
A:おもてなしの向上につながる提案、経済の好循環につながる提案、鳥羽の名が大きな話題になる提案を募集して実施していく。また、公式プログラムを鳥羽に誘致する提案を検討する。
Q:7月13日以降、どれくらいの頻度で会議が行われていくのか。
A:提案内容により頻度は変わっていくので、その都度決定していきたい。
配偶者プログラムがありますので、鳥羽の施設に招致できればと考えている。
Q:配偶者プログラムなど、場所は決定しているのではないか。黙っていても来る。
A:情報はありません。期待はしています。働きかけなければと思っています。
Q:公式プログラムの件で、Jサミットも含まれるのか。
A:そうです。
Q:関係者の宿泊先の受入招致について考えは。
A:鳥羽での情報はない。すでに志摩市で押さえにきていると聞いている。次は鳥羽だと思っている。こちらで準備しなくても主催者側で配慮して決められると思う。
Q:おもてなし会議の中で、鳥羽市が全国・世界にアピールしたい点、期待する役割は。
A:一つ目は、会議のサブタイトルになっています「真珠養殖発祥のまち・海女が日本一多いまち」を今までも発信していることですが、このことを主張して伊勢志摩サミットに埋もれることなくしっかりやっていく。二つ目の期待することは、多くの方に宿泊してもらえると思いますが、期間中でのすごい効果があるとは考えていません。ただ、伊勢志摩サミットが世界に発信されることで、国内のお客様もそうですが、国外のお客様に対してもこれからネームバリューを上げて、長い期間印象を持って頂いて、来てもらえることに結び付けられたらいいと思う。
Q:サミットに鳥羽という名前が入っていないことをどのように思っていますか。
A:残念に思います。市民からも出ていないとも言われる。おもてなし会議の名称に入れて印象を大きくしたい。伊勢志摩国立公園の中の鳥羽ということで、伊勢に来ていただいたお客様が鳥羽に来て泊まってもらっている。今回も自分たちはがんばる。

2.鳥羽市総合教育会議の開催について

質疑なし

3.ふるさと納税の拡充について

記者からの質問・回答

Q:25年度、26年度の実績は。
A:25年度が約800件、約3,700万円。26年度が約1,200件、約6,000万円です。
Q:27年度の目標額は。最新で何件きているか。
A:1億円を目標にしています。今現在200件、1,000万円を超えています。
Q:サミット効果で増加しているのか。
A:まだ直接的にはないと思うが、志摩市は増加していると思う。
Q:宿泊施設の利用券など、これまでのラインナップはいつからか。
A:平成23年度から拡充している。大きく増えたのは(寄附額)、平成25年度からです。
Q:25年度から増えた要因は。
A:クレジットカードによる決済が可能となって、インターネットから申請できることと、メディアでの取り上げが要因だと思います。
Q:ふるさとチョイスのホームページから出来るようになるのか。
A:7月1日から出来る。今までは掲載してあっただけです。
Q:利用券の5,000円が出来たのはニーズがあったのか。
A:一律15,000円であったが、おつりが出ない関係で寄附者の目線にたって追加した。
Q:寄附された人の名前はホームページ等で掲載しているのか。
A:昨年度から掲載しなくなった。今までは希望者だけを載せていた。
Q:観光施設の3件はどこか。
A:鳥羽水族館、海島遊民クラブ、海の博物館です。
Q:今回の拡充はサミットの決定を受けて行うものか。構想はそれ以前からか。
A:(決定を受けて)そうではない。(それ以前から)そうです。

4.シティプロモーションについて

記者からの質問・回答

Q:ポスターは静香さんか。
A:そうです。
Q:期間は。
A:3カ月間です。

5.「生きがいや安心をみんなでつくるまちづくりの取組に関する協定」の締結について

記者からの質問・回答

Q:鳥羽市内に何店舗(第三銀行)あるのか。
A:鳥羽支店の1店舗です。
Q:ウォームシェア・クールシェアとは何か。
A:冬は暖かく、夏は涼しい場所を提供する。(支店内の2階のロビーになる)
ありがたいです。

リンク

平成20年度平成21年度平成22年度平成23年度平成24年度平成25年度平成26年度

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務課秘書係

〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1-1

電話番号:0599-25-1105

ファックス番号:0599-25-1233