取り組みの紹介
鳥羽エコツーリズム
English
鳥羽エコツーリズム宣言を読むTOPページへ
鳥羽で発見エコツーリズム取り組みの紹介私たちの宝物協議会についてお問い合わせ

取り組みの紹介

エコツーリズムの取り組み例

海を守る間伐

 海に面した山々で放置されたウバメガシの間伐と利用の循環ビジネスモデルが完成。林業会社が間伐したウバメガシで、薪作りを始める一方、協議会でマーケティングを行い、地元の観光を始めとする事業者が薪の購入などで協力しています。

漁師の隠し魚

 未利用魚と呼ばれる、これまで地域であまり使われてこなかった魚介類を「漁師の隠し魚」と名付け、エコツアーや飲食店などで活用した、観光の魅力づくりが行われています。同時に、その流通を通して一次産業をはじめとする各産業の活性化につなげる取り組みが進んでいます。

協議会の活動

 鳥羽市エコツーリズム推進協議会では、「循環」と「連携」をキーワードに鳥羽のエコツーリズムを進めるため、さまざまな団体が協議会に関わり、協議や仕組みづくり、普及啓発を行っています。

協議会・部会の開催
 協議会や部会では、エコツーリズムの普及啓発をはじめ、地域内への「循環」の仕組みづくりなど、鳥羽のエコツーリズムに関する協議を行っています。
エコツーカフェ in 鳥羽
 協議会では、気軽に鳥羽のエコツーリズムを知っていただける「エコツーカフェin鳥羽」を定期的に開催しています。
ハマユウ植樹
ミキモトグループによるゼロ・エミッションの取り組みで育てられたハマユウの苗を、地元漁業協同組合や旅館組合等と連携しながら植樹しました。