世界の真珠王であり、鳥羽市の名誉市民である御木本幸吉翁がこの鳥羽の地で養殖真珠を発明し、昭和26年からミキモト真珠島として広く一般の方々に公開されるようになりました。幸吉翁が苦労して作り上げ、世界の人々に愛用されている真珠は、6月の誕生石であり、石言葉は「健康・長寿・富」をあらわしています。このような本市の偉人である幸吉翁の功績を重んじながら、真珠のようにきらり輝く鳥羽(まち)をより広くPRし、鳥羽市の振興・発展につなげていくため、平成23年度より6月議会を「真珠議会」と位置づけて開会しています。









平成30年 真珠議会 様子