• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > 市政情報 > 入札・契約に関する情報 > 工事現場に配置する技術者及び現場代理人について

ここから本文です。

更新日:2016年11月24日

工事現場に配置する技術者及び現場代理人について

配置技術者について

配置技術者の雇用に関する要件

工事現場へ配置する技術者は、直接的かつ継続的な雇用関係にある者とします。在籍出向者、派遣社員、契約社員については、直接的かつ継続的な雇用にあたりません。また、配置技術者(主任技術者)は、三カ月以上の雇用関係にあることが必要です。

鳥羽市の等級格付けがされている業者につきましては、あらかじめ提出された技術者等職員名簿に登録された配置技術者を基本とします。

配置技術者の資格及び実務経験による要件

配置技術者の資格は、対応する業種の建設業法に基づく資格を有する者か、下表に掲げる規定の年数以上実務経験を有する者とします。

 

技術者

要件

主任技術者

一般建設業の営業所専任技術者

1.当該建設工事に関し、下記の実務経験を要する者

高等学校の指定学科卒業後5年以上

高等専門学校の指定学科卒業後3年以上

大学の指定学科卒業後3年以上

上記以外の学歴の場合10年以上

2.国土交通大臣が一般建設業許可に関し認定した一定の国家資格を有する者

3.その他、国土交通大臣が上記と同等以上の知識及び技術または技能を有すると認めた者

監理技術者

特定建設業の営業所専任技術者

1.国土交通大臣が一般建設業許可に関し認定した一定の国家資格を有する者

2.その他、国土交通大臣が上記と同等以上の知識及び技術または技能を有すると認めた者

 

専任の技術者に対する兼任の禁止

専任が必要な工事に配置されている技術者は、他の工事の配置技術者となることはできません。また他の工事の現場代理人となることもできません。

営業所の専任技術者は、現場の配置技術者となることはできません。ただし、専任を要しない工事で、工事現場の職務に従事しながら、実質的に営業所の職務にも従事しうる程度に工事現場と営業所が近接し、当該事業所と常時連絡がとれる場合はこの限りではありません。

専任ではない配置技術者の兼務

専任を要しない工事への配置技術者については、兼務できる件数を請負合計金額が2,500万円(建築一式工事の場合は5,000万円)以内で3件までとします。ただし、専任を要しない工事であっても、他の工事で専任の主任(監理)技術者となっているものは兼務できません。

主任(監理)技術者と現場代理人は兼務可能です。

配置技術者の変更

工期途中での配置技術者の変更は原則認めません。ただし、死亡・疾病または退職等、真にやむを得ない理由がある場合にはこの限りではありません。

現場代理人について

現場代理人の雇用に関する要件

工事現場へ配置する現場代理人は、直接的かつ継続的な雇用関係にある者とします。在籍出向者、派遣社員、契約社員については、直接的かつ継続的な雇用にあたりません。

鳥羽市の等級格付けがされている業者につきましては、あらかじめ提出された技術者等職員名簿に登録された配置を基本とします。

現場代理人の兼務

現場代理人は、建設工事請負契約約款において、工事現場への専任を義務付けていますが、当初契約金額が500万円未満の工事において以下の条件を満たす場合は、2件まで兼務できるものとします。

  • 工事の規模や内容について、安全管理、工程管理等の工事現場の運営、取締り等が困難でないこと
  • 発注者または監督員と常に携帯電話で連絡が取れること
  • 兼務する工事現場が鳥羽市内であること
  • 発注者または監督員が求めた場合は工事現場に速やかに向かうことができること

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務課契約管財係

〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1-1

電話番号:0599-25-1122

ファックス番号:0599-26-2474