• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > 健康・福祉 > 健康・医療 > 予防接種・感染症 > 蚊が媒介する感染症に注意しましょう

ここから本文です。

更新日:2017年12月5日

蚊が媒介する感染症に注意しましょう

ジカ熱やデング熱は蚊に刺されることで感染します。刺されないよう、発生させないよう注意をしましょう!

蚊媒介感染症について

ジカウイルス感染症(ジカ熱)やデング熱の原因となるウイルスは、それらに感染した人の血を吸った蚊(日本ではヒトスジシマカ)の体内で増え、その蚊がまた人の血を吸うことで感染を広げていく病気です。感染してもすべての人に症状が出るわけではありませんが、発熱や関節の痛み、発疹が出るといった症状が1週間ほど続きます。

ジカ熱は妊婦が感染すると小頭症などの先天性障害をもった子どもが生まれたり、デング熱は出血を伴うデング出血熱となり重症化する可能性があります。

それぞれの感染症については以下のページを参考にしてください。

予防のためにできること

蚊に刺されないようにしましょう

  • 肌の露出を避け、長そで長ズボンを着用する。
  • 虫よけスプレーなどを使用する。
  • 流行地域に渡航される際は、特に蚊に刺されないよう注意しましょう。

蚊を発生させないようにしましょう

ヒトスジシマカはヤブや墓地、公園などに生息し、日中に活発に活動します。

小さな水たまりを好んで産卵するので、住まいの周囲の水たまりをなくすことで蚊の発生を減らすことができます。

例えば屋外に置かれた植木鉢の皿や空き缶、ペットボトル、遊具など、小さな水たまりを作らないようにしましょう。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉課健康係

〒517-0022 三重県鳥羽市大明東町2-5

電話番号:0599-25-1146

ファックス番号:0599-25-1166