• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > 環境・まちづくり > 空き家等の適正管理に関する条例について

ここから本文です。

更新日:2013年6月21日

鳥羽市空き家等の適正管理に関する条例」が制定されました!!

 本市では、空き家等の所有者等に対し、空き家等の適正な管理を求めることで、市民の安全と良好な生活環境の保全および安全で安心な地域づくりに寄与することを目的とした「鳥羽市空き家等の適正管理に関する条例」を平成25年7月1日から施行します。

空き家等とは?

 鳥羽市の区域内に所在する建物その他の工作物、その敷地に空き地(原則として農林業用地は除きます。)で、常時無人又は使用されていない状況にあるものをいいます。

 

 aa

所有者等の責務とは?

 

 空き家等は、あくまでも所有者の財産であり、空き家等があるということだけで問題にすることはできません。

 しかし、空き家等が管理不全な状態で放置された結果、事故が発生し、他人に損害を与えた場合は、空き家等の所有者が責任を負わなければなりません。

 そこで、本条例では、空き家等の所有者等の責務として、「空き家等が管理不全な状態にならないよう適正な管理を行わなければならない。」と規定しております。

 所有者等の皆様は、自分の所有している空き家の様子を定期的に見回り、管理不全な状態にならないよう所有者等としての責任を果たすことを心がけてください。

※本条例での「所有者等」とは、空き家当の所有者、占有者、相続人などを指します。

管理不全な状態とは?

 

 (1) 建物その他の工作物が、老朽化若しくは台風等の自然災害により倒壊するおそれのある状態

 (2) 建物その他の工作物の全部又は一部が飛散による危険な状態

 (3) 不特定者の侵入による火災、若しくは犯罪が誘発されるおそれのある状態

 (4) 草木の著しい繁茂又は害虫、ねずみ等が著しく繁殖し、人の生命、身体若しくは財産又は生活環境に害を及ぼすおそれのある状態

 

 

空き家等における市の対応について

 

市では、適正に管理されていない空き家等の所有者等に対して、次の様な手続きができます。

  • (1)   調査

 市民からの情報提供及びパトロール等により、管理が行き届いていない空き家等を発見したときは、空き家等の実態調査、立入調査を行うことができます。

  • (2)   指導

 調査により、空き家等が管理不全な状態になる恐れがあると認めるときは、空き家等の所有者に対して、必要な措置について助言又は指導を行うことができます。

  • (3)   勧告

 空き家等の所有者等が助言又は指導に従わないときは、期限を定めて、その適正な管理のために必要な措置を講ずるよう勧告することができます。

  • (4)   措置命令

 空き家等の所有者等が勧告に応じないときは、当該所有者等に意見を述べる機会を与えた上で、当該所有者等に対して期限を定めて必要な措置を講ずることを命令することができます。

  • (5)   公表

 空き家等の所有者等が正当な理由がなく措置命令に従わないときは、あらかじめ意見を述べる機会を与えた上で、命令に従わないものの住所及び氏名、対象である空き家等の所在地、命令の内容を公表することができます。

nagare

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:建設課管理係

〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1-1

電話番号:0599-25-1171

ファックス番号:0599-25-5241