• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > 市政情報 > 市役所の行政機構と主な仕事 > 建設課 > 木造住宅耐震支援制度 > なぜ昭和56年以前の住宅を対象としているのですか?

ここから本文です。

更新日:2019年6月21日

なぜ昭和56年以前の住宅を対象としているのですか?

質問

なぜ昭和56年以前の住宅を対象としているのですか。

回答

昭和56年6月1日に建築基準法の建物の強さに関する規定が改正されており、それ以前の建物は、先の阪神・淡路大震災の教訓から、倒壊のおそれがあり、大地震に耐えるかどうかを調べる(耐震診断をする)必要があるためです。

お問い合わせ

所属課室:建設課まちづくり整備室

〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1-1

電話番号:0599-25-1172

ファックス番号:0599-25-5241