• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > 市政情報 > 離島振興 > 鳥羽の離島へようこそ

ここから本文です。

更新日:2013年11月8日

鳥羽の離島へようこそ

 鳥羽湾に浮かぶ島々・・・

JR・近鉄鳥羽駅を降り、5分ほど歩けば、箱庭のような島々が見渡せる鳥羽マリンターミナルに着く。

ターミナルから出航する市営定期船で、一番遠い神島でも約40分のショートクルーズ。

点在する島々を眺めながら穏やかな伊勢湾の潮を切り、手軽に島の旅ができる鳥羽は、潮風、海、無人島、浜辺、自然林、太陽、満天の星空、カモメ、時にはスナメリなど、自然を五感で体感することができる。

また、夕刻の漁村の路地や港、気さくに話しかける島人などから、「島の息づかい」を感じとり、それらはノスタルジックな光景とともにあなたの心を癒すことだろう。

そして島の海の幸をぜひ味わってほしい。一本釣りの鯛やサワラ、海女が採るアワビや赤うに、海女が作るたこ飯やアラメ巻き、黒のり、牡蠣、チリメン、ワカメなどあげればきりがないほどうまいものがある。

 

鳥羽市は、三重県の東端部に位置し、三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台となった神島をはじめ、戦国武将九鬼嘉隆が眠る答志島、しろんご祭(海女の祭り)の菅島、江戸川乱歩と妻隆が愛を育んだ坂手島といった4つの有人離島をはじめとする離島部と半島部から構成され、変化に富んだ海岸線を中心に数多くの自然の景勝を有しており、全域を伊勢志摩国立公園に指定されています。
岬や海底は、良好な岩礁部であるため、古くから女性が体ひとつで素潜り漁をする「海女文化」が根付いており、鮑、さざえ、うに、なまこなどを漁獲し、また、刺し網、一本釣り、黒のり・ワカメ・牡蠣養殖なども盛んに行われています。

神島

~三島由紀夫「潮騒」の舞台となった島~

答志島

~戦国武将 九鬼嘉隆の歴史を刻む島~

菅島

~海女の祭典 しろんご祭りが初夏を告げる島~

坂手島

~紫色に咲き競うアヤメ池が絶景の島~

 

島へ行くには

 市営定期船 (時刻表・運賃など)
  鳥羽マリンターミナル、中之郷からそれぞれの離島を結んでいます。

 佐田浜駐車場 (料金・地図など)
  お車でお越しのかたは佐田浜駐車場をご利用ください。鳥羽駅西駐車場がおとくです。
  離島へ宿泊されるかたは割引がある場合があるので、宿泊施設へお問合せください。

離島ガイドブック

 (平成25年10月31日改訂版)

  hyoushigas
一式(PDF:12,680KB)

  分割

   表紙~島の楽しみ方・海のごちそう(PDF:2,471KB)

   神島(PDF:2,117KB)

   菅島(PDF:3,050KB)

   答志島(PDF:4,571KB)

   坂手島(PDF:2,783KB)

   離島の便利帳・マップ(PDF:1,339KB)


    ※配布しておりませんので、ダウンロードして
    ご利用いただきますようお願いいたします。

 
 ほか、各種観光パンフレットのダウンロード・資料請求はこちら(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開く)へどうぞ 

離島の関連リンク

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画財政課企画経営室

〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1-1

電話番号:0599-25-1101

ファックス番号:0599-25-3111