• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2012年5月2日

答志島 TOUSHIJIMA

水軍の将九鬼嘉隆が眠る島

答志島

答志島は、鳥羽港の北東約2.5kmに位置する鳥羽市最大の島であり、答志(とうし)、答志和具(とうしわぐ)、桃取(ももとり)の3集落があります。地形は、総面積6.98k㎡、周囲26.3kmで、島の80%が自然林で占められており、桃取町の奈佐には、市の木であるヤマトタチバナの原木が生えており、県の天然記念物にも指定されています。また、周囲には飛島、浮島、牛島、大中山島、大築海島、小築海島等の無人島を配しています。 
産業面は、漁業と観光の調和のとれた地域振興を目指しており、地元の良さを活かした地域ビジネスの展開に向け、取り組んでいます。
交通体系については、市営定期船が佐田浜港から答志、和具行きと桃取行きの2区間に分かれてそれぞれ1日8~10便運航しています。また、本土との架橋建設を実現させるため、3町合同で「答志島架橋建設促進協議会」が設立され、その必要性及び方策について検討を進めています。

答志島の概要 ABOUT THIS ISLAND

面積・・・6.98k平方メートル

周囲・・・26.3km

世帯数・・・769世帯

人口・・・2,578人(男1,200人、女1,378人)

1.答志地区・・・343世帯 1,295人(男597人、女698人)

宿泊施設・・・旅館、民宿など7軒(収容能力327人)

2.和具地区・・・168世帯 524人(男249人、女275人)

宿泊施設・・・旅館、民宿など16軒(収容能力882人)

3.桃取地区・・・258世帯 759人(男354人、女405人)

宿泊施設・・・旅館、民宿など3軒(収容能力 180人)(平成23年3月末)

観光客数・・・166,800人(平成21年3月~平成22年2月)

観光スポット・・・九鬼嘉隆の首塚及び胴塚、タイ網観光、海水浴、答志スカイラインからの展望

定期船時刻・運賃

観光 SIGHTSEEING

鳥羽市の離島の中でいちばん大きな島であり、関ヶ原の戦に敗れ自刃した、鳥羽城主・九鬼嘉隆の首塚・胴塚などの史跡や漁港でのワカメ等の作業風景などを回るウォーキングツアーが人気です。

答志和具ワカメ作業答志路地

ありのままの島の路地裏散策や、古くから根づく海女たちによる海女小屋体験、無人島での自然水族館などのエコツアーが人気です。 

夏場はサンシャインビーチのほか、大間の浜海水浴場、サンビーチ桃取といった海水浴場を有しており、のんびりと島の海を満喫していただくことができます。 

美多羅志神社では、近年、竜にそっくりなシイの木が出現し、地元の人たちは竜神さんと崇め、見物に来る観光客も増えています。

美多羅志神社の竜神さん

なんといっても漁業が盛んで、島の宿泊施設や飲食店では、新鮮な島の魚介類を味わうことが出来ます。 

島の体験ツアー実施主体 島の旅社(外部サイトへリンク) 鳥羽市歴史文化ガイドボランティアセンター 海島遊民くらぶ(外部サイトへリンク)

文化と歴史 CULTURE & HISTORY

島の祭り

三太郎さん(1月)(桃取地区)

竜神まつりとも言い、海の神に供え物をし一年の豊漁と安全を祈願します。

八幡祭り(旧1月17日~19日)(答志地区)

 神祭
答志島、八幡神社の祭礼である「神祭」は毎年旧暦の1月17 日~19 日に行われます。弓引神事は、祭の中で最も盛り上がる迫力満点の行事です。「お的衆」と呼ばれる若者たちが、畳一枚半ほどの「お的」(木組みに紙を張って墨を塗ったもの)を担いで坂を駆け上がると、待ちかねた町民が次々とお的に飛び込み墨紙を奪い合います。人々は護符にかわるこの墨紙で家の戸口や船に「丸に八の字」を書いて、1年の大漁と家内安全を祈願します。弓引神事の後、舞台では獅子舞が始まります。町民一丸となって祝う勇壮な祭りは、島の若者たちによって今も受け継がれています。(国土交通省の島の宝100景に選定)

おいやれ船(8月末)(桃取地区)

わら船を作り、各戸が人形を作って船に乗せて海に流します。先祖の霊を送るとともに、海上安全・無病息災の祈りを込めた行事です。

島の民俗「寝屋子制度」

戸籍上の兄弟ではない人同士が、終生、兄弟以上の付き合いをする制度。

市の無形民俗文化財。→(鳥羽市のHP広報とば1999年12月1日号特集寝屋子物語

島の文学

「万葉集」「山家集」に歌が詠まれているほか、「橋本善七の歌碑」 が美多羅志神社にあります。

その他、海女や寝屋子制度などの答志の生活が詳しく描かれた「森村桂 日本を行く」、九鬼嘉隆の晩年を描いた「巨船」があります。

島の伝説

「伊勢三郎女房の墓所」(答志)

「お天道さんの松」(答志和具)

「弘法大師の誕生」(桃取) など

島ゆかりの偉人

 

九鬼嘉隆 Kuki Yoshitaka 1512~1600

織田水軍の将として、歴史上に名をはせた九鬼嘉隆は、海の浮き城とよばれた鳥羽城を築き上げました。現在は、我が国唯一海に向かった大手門の海城跡として知られています。信長とともに戦った嘉隆の歴史上最大の功績は、信長の日本制覇を阻止しようと10年以上も対抗してきた毛利水軍(村上水軍)を日本で初めて鉄張の軍船をつくり撃退したことです。信長の死後も秀吉の命を受けて、朝鮮出兵での指揮を務めるなど、戦国時代の日本の歴史と深く関わってきました。しかし、関ヶ原の戦いで、九鬼家の父と子が西軍・東軍に分かれて戦うことになり、負けた西軍についていた父・嘉隆は、答志島で自刃して果てました。鳥羽には彼にゆかりのある寺として、常安寺があります。子の寺は、子の守隆が父である嘉隆追善のために建てたものとされています。嘉隆の首は「我が首は我が鳥羽城が見える場所に」との遺言とおり鳥羽城を見渡せる丘の上に、胴部はその麓に葬られ首塚、胴塚として答志島和具に残されています。

 

島の食

四季を通じて新鮮な魚介類が味わえます。

タイ、スズキ、サワラ、シラス、ヒラメ、メバル、イワシ、サバ、あなご、イセエビ、アワビ、サザエ、うに、タコ、、牡蠣、のり、ワカメ、アラメなど

食事処

マルト食堂(定食・丼物等) TEL0599-37-2058
ロンク食堂(日替わり定食・寿司等) TEL0599-37-2167
まるみつ寿司(寿司・定食等) TEL0599-37-2314
みはま(軽食) TEL0599-37-2195

ニューやま七TEL0599-37-2034

 市指定のとばーがー(別ウィンドウで開く)のうち、じゃころっけバーガー(外部サイトへリンク)が食べられます。(要予約)

※宿泊施設でも予約により昼食可能

 宿泊施設

答志和具地区   

旅館名 電話番号 収容人数
宝屋 0599-37-2309 40人
濱崎ペンション 0599-37-2286 30人
中村屋 0599-37-2065 80人
やま助 0599-37-2148 40人
山幸園 0599-37-2216 28人
福吉 0599-37-2025 25人
八島 0599-37-2075 40人
ニューやま七 0599-37-2034 100人
寿々波 0599-37-2001 169人
にっこう 0599-37-2174 30人
はしもと 0599-37-2132 35人
日松館 0599-37-2051 30人
はまや 0599-37-2221 55人
やまよ 0599-37-2041 40人

答志地区

旅館名 電話番号 収容人数
定洋 0599-37-2011 80人
喜久屋 0599-37-2047 30人
海女乃島荘 0599-37-2020 80人
角勢 0599-37-2055 20人
富栄 0599-37-2036 25人
しま 0599-37-2284 22人
美さき 0599-37-2141 70人
とうし荘 0599-37-2133

100人

桃取地区

旅館名 電話番号 収容人数
松家 0599-37-3050 66人
あみりき 0599-37-3322 24人
サンビーチ鳥羽 0599-37-1100 90人

関連リンク

答志旅館組合(外部サイトへリンク)

島の旅社(外部サイトへリンク)

 パンフレットなどの請求について

鳥羽市の離島や観光情報のパンフレットのダウンロード・請求はこちら(別ウィンドウで開く)へどうぞ。

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企画財政課企画経営室

〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1-1

電話番号:0599-25-1101

ファックス番号:0599-25-3111