• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2011年3月22日

県指定文化財

木造三宝荒神像

種別

県指定有形文化財(彫刻)

所在地

河内町

指定年月日

昭和52年3月28日

解説

総高24.9cm。檜材、寄木造。三面八臂像で頭部頂上に化仏として菩薩3面、その下に忿怒形2面を置く。本面及び側面2面は忿怒形で差首とする。脇面は本面へ矧ぎ付け、八臂のうち第1手は肩で、脇手は胴へ矧ぐ。腰の一部及び膝を胴へ矧ぎ付けている。裳には輪宝を盛り上げ文様とし、裳、臂釧、菩薩の髪を紺青、恕髪、岱赭、肉身は赤朱、条帛は緑青で彩色する。条帛や衣等には金泥で網目文等を描く。胎内に、享祿5(1532)年の銘がある。室町時代以前の荒神像は少なく、ことに在銘のあるものはあまり知られていない。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育委員会生涯学習課社会教育係

〒517-0022 三重県鳥羽市大明東町1-6

電話番号:0599-25-1268

ファックス番号:0599-25-1263