• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > くらし > 消防 > 消防関連情報 > 熱傷(やけど)に対する応急手当

ここから本文です。

更新日:2011年3月22日

熱傷(やけど)に対する応急手当

1 熱傷の程度

イメージ

  • 赤いか(1度)
  • 水泡か、水泡が破れた状態か(2度)
  • 白っぽいか(3度)
  • 傷病者の片手の手のひらの面積が体表面積の1%

2 比較的軽い熱傷の応急手当(1度、狭い2度熱傷)

イメージ

  • できるだけ早く、きれいな冷水で15分以上痛みがなくなるまで冷やす。
  • 十分冷やしてからきれいなガーゼを当て、三角巾や包帯などをする。
  • 靴下など衣類を着ている場合は、衣類ごと冷やす。
  • 水泡を破らないように注意する。
  • 薬品を塗ってはならない。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:消防本部・消防署消防総務室庶務係

〒517-0045 三重県鳥羽市船津町281

電話番号:0599-25-2821

ファックス番号:0599-26-5024