• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > くらし > 消防 > 消防関連情報 > 熱中症予防と応急手当

ここから本文です。

更新日:2018年7月24日

熱中症予防と応急手当

熱中症とは

熱中症予防

 

熱中症とは、室温や気温が高い中で、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなる症状(状態)です。体温上昇やめまい、体のだるさ、ひどい時にはけいれんや意識の異常など、様々な障害をおこします。

全国では熱中症により、毎年約4万人以上の方が救急搬送されています。

熱中症による救急搬送者増加の要因として、気温や湿度の上昇が関係していることが分かっています。特に、梅雨明け前後の暑さには、最も注意が必要です!!年代別では高齢者が5割近くを占めており、また、乳幼児と少年を合わせると1割以上となっています。熱中症による救急搬送者のうち、4割近くの方が入院しています。

のどが渇いていなくても、こまめに水分や塩分を補給し、無理をせず適度に休憩を取ることが熱中症予防のポイントです。 また、雨が降った後など湿度が高いときも注意が必要です。

湿度注意

熱中症の分類と対処方法

nettyuu1

 

熱中症予防のポイント

nettyuu2

nettyuu3

 nettyuu4

 

夏に向けて、熱中症になる人が増えてきます。

熱中症を知って、しっかり予防し、楽しい夏を過ごしましょう!

熱中症放水

 



 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:消防本部・消防署消防署救急係

〒517-0045 三重県鳥羽市船津町281

電話番号:0599-25-2821

ファックス番号:0599-26-5024