• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > くらし > 消防 > 消防関連情報 > 乳児の心肺蘇生

ここから本文です。

更新日:2012年9月11日

乳児の心肺蘇生

心停止の予防

子どもの心停止の主な原因は外傷、溺水、窒息などですが、その多くは日常生活の中で予防できるものです。

 自動車乗車時のチャイルドシートの着用、自転車乗車時のヘルメット着用、水の事故への注意、子どもの手に届くところに口に入る大きさのものを置かない、などです。

突然死を未然に防ぐことが何よりも重要になります。

乳児の心肺蘇生

 1歳未満の乳児は体の大きさが違うことから、未就学児(小児)の心肺蘇生より、さらに適した方法があります。

乳児と成人の大きな相違

  1. 人工呼吸を開始するタイミング
  2. 胸骨圧迫の仕方
  3. 気道異物への対応
  4. 小児用AEDパッドの用い方  

そばにいる方は、動揺してとっさに動けないかもしれません。しかし、何もしないより何かをしてあげてください。もしいきなり「胸骨圧迫」を行うことがためらわれるなら、「人工呼吸」から始めてもかまいません。息を吹き込むだけで状態がよくなるかもしれません。「人工呼吸」によって子どもの状態が悪くなることはありません。

それでも改善しなければ「胸骨圧迫」を行ってください

「何もしない」より「何か一つでも」勇気をもって行うことが大切です。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:消防本部・消防署消防総務室庶務係

〒517-0045 三重県鳥羽市船津町281

電話番号:0599-25-2821

ファックス番号:0599-26-5024