• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > くらし > 消防 > 消防関連情報 > 救急車の正しい利用方法

ここから本文です。

更新日:2011年3月22日

救急車の正しい利用方法

救急車の利用は緊急性の高い傷病者に限って利用するものです。軽い症状の場合はできるだけ自分で病院や診療所に行って下さい。
良識のある救急車の利用をお願いします。

ケガ・病気

矢印

落ち着いて判断

症状が重いときの例

  • 意識がない
  • 呼吸、脈拍が感じられない
  • 呼吸が困難である(息苦しい)
  • 顔色が青く、冷や汗をかいている
  • 激しい胸痛、頭痛、腹痛がする
  • やけどの範囲が広い
  • 骨が折れているようだ
  • けいれんが続いている
    など

矢印

119番

症状が軽いときの例

  • 風邪をひいた
  • 微熱がある
  • 腰が痛む
  • 寒気がする
  • 足をひねった
  • 手や指をきった
    など

矢印

  • かかりつけの診療所・病院へ連絡する。
  • かかりつけがない場合は、救急医療情報センターでお尋ねください。
    救急医療情報センター/TEL:25-1199

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:消防本部・消防署消防総務室庶務係

〒517-0045 三重県鳥羽市船津町281

電話番号:0599-25-2821

ファックス番号:0599-26-5024