• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > くらし > 消費生活 > 貸金業法が改正されました

ここから本文です。

更新日:2011年3月22日

貸金業法が改正されました

多重債務者の増加が社会問題となったことから、それらを解決するため、消費者金融などの貸金業者や、貸金業者からの借入について定められた「貸金業法」が平成18年12月に国会で可決・成立し、平成22年6月18日より全面施行されました。

今回の改正の主なポイントは下記のとおりです。

改正の主なポイント

1.総量規制の導入

  • 借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規借入ができなくなります。
  • 借入の際、基本的に「年収を証明する書類」(例:源泉徴収票や給与明細等)が必要となります。

2.上限金利の引き下げ

法律上の上限金利が、29.2%から、借入額に応じて15%~20%となりました(グレーゾーン金利の撤廃)。

3.貸金業者に対する規制強化

法令遵守の助言・指導を行う国家資格のある者を営業所におく必要があります。

その他、詳細については「金融庁のページ」(外部サイトへリンク)をご覧下さい。

農水商工課商工労政係
TEL/FAX 0599-25-1156/0599-26-2810

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農水商工課商工労政係

〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1-1

電話番号:0599-25-1156

ファックス番号:0599-26-2810