• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > くらし > 消防 > 違反対象物の公表制度について

ここから本文です。

更新日:2019年10月15日

違反対象物の公表制度について

火災予防条例の一部が改正され、消防法令に重大な違反のある建物を公表します。
鳥羽市では、2020年4月1日から公表します。

違反対象物一覧

違反対象物一覧(2020年4月1日から公表します)

公表制度とは

建物の利用者が、建物の火災の危険性に関する情報を入手することができるよう、消防本部が保有する重大な消防法令違反(建物の火災の危険性に関する情報)を公表し、建物の利用者の安全、安心を守る制度です。

公表の対象となる建物

ホテル、旅館、物品販売店、飲食店、社会福祉施設など不特定多数の方が利用する建物
消防法施行令別表第11項~4項、5項イ、6項、9項イ、16項イ、16の2項、16の3項)


tatemono

ホテル、旅館、民宿など 物品販売店など 飲食店など

公表の対象となる違反の内容

消防法令により義務付けられた以下の消防用設備が設置されていない重大な消防法令違反が対象です。

setsubi

屋内消火栓設備スプリンクラー設備自動火災報知設備

公表までの流れ

  1. 公表の対象となる建物への立入検査で重大な消防法令違反を確認
  2. その結果を建物関係者に通知
  3. 通知した日から14日が経過しても同一の消防法令違反を確認
  4. 公表します


nagare

公表の方法

鳥羽市ホームページに掲載します。

公表の内容

  1. 建物の名称
  2. 建物の所在地
  3. 違反の内容

建物関係者のみなさんへ

重大な消防法令違反の原因の多くは、増改築や用途変更によるものです。
所有、管理している建物の増改築や用途変更等を行う場合は、事前に消防本部予防室へご相談ください。

重大な消防法令違反となり易い例

  • 建物の増改築、隣接する建物と屋根などで接続する場合
  • 建物の壁や天井の内装を木板等の可燃物で行う場合
  • 棚などを移動して窓や出入り口を塞いだり、窓にフィルムを貼る場合
  • 飲食店、社会福祉施設などのテナントが、新たに入店する場合

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:消防本部・消防署予防室予防係

〒517-0045 三重県鳥羽市船津町281

電話番号:0599-25-2821

ファックス番号:0599-26-5024