• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > 市政情報 > 鳥羽市長のページ > 令和2年度定例記者会見 > 令和2年9月定例記者会見(令和2年9月30日(水曜日))

ここから本文です。

更新日:2020年10月6日

kaikenr02

定例記者会見資料を掲載いたします。

令和2年9月定例記者会見日時:令和2年9月30日(水曜日)

1.鳥羽の日・鳥羽の月イベントにおける市役所の取り組みについて

 ・市民の森クイズラリー(PDF:971KB)
 ・鳥羽市水産研究所 海藻博士のおしごと体験(PDF:96KB)
 ・鳥羽市水産研究所パンフレット(PDF:2,205KB)
 ・オクトバ 鳥羽イベントガイド(PDF:7,898KB)

記者からの質問・回答

Q:鳥羽の日のイベントはいつごろから始まったか。
A:平成25年度から始まっています。
Q:市として鳥羽を盛り上げようと呼びかけを始めたのか。
市長:鳥羽青年会議所から10月8日を「鳥羽の日」に認定してもらいたいという働き掛けがあり、鳥羽青年会議所が主体となってイベントが開催されてきました。昨年は様々な事情があって開催できずに休止されたようですが、今年は鳥羽青年会議所に変わって、鳥羽商工会議所が各種団体をまとめ、このような企画をされたと聞いております。
Q:1か月間のイベントはこれまでには無かったのか。
市長:無かったです。
Q:新型コロナウイルス感染症がまだまだ続いている中で、イベントを行うことについて、どういった対応をしていくか。
市長:やれることは全てやっていこうと思っていますので、当然、検温であるとかマスクの着用や手洗い、消毒、換気などには万全を尽くしたいと思っています。水産研究所については、県の取組の「安心見えるLINE」にも登録しておりますので、保護者の方、参加されるご家族の方にも協力をお願いしたいと思っております。

2.水道基本料金の年内免除について

 ・水道基本料金の年内免除について(PDF:225KB)

記者からの質問・回答

Q:水道基本料金を免除することで、特別会計の歳入にどれだけ穴が開くか。また、どこから補てんするのか。
A:4月~12月までの9か月間で、123,641千円の減収を見込んでいます。水道事業は経営が良好ですので、内部留保資金を活用して補てんしています。
Q:年内一杯まで免除を延長する自治体は他にあるか。
市長:調べた限りでは鳥羽市だけだと思っています。

3.その他

記者からの質問・回答

  質疑なし

 

平成29年度   平成30年度   平成31(令和元)年度

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務課秘書係

〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1-1

電話番号:0599-25-1105

ファックス番号:0599-25-1233