• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > くらし > 夏の交通安全県民運動について

ここから本文です。

更新日:2021年6月11日

夏の交通安全県民運動について

 夏の交通安全県民運動は、県民一人ひとりに交通安全の思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい

交通マナーの実践を習慣付けるとともに、県民自身による道路交通環境の改善に向けた取組みを推進することに

より、交通事故防止の徹底を図ることを目的とします。                         

重点項目

○高齢者と子どもの交通事故防止

交通事故死者数全体の6割を占める高齢者と、次代を担う子どものかけがえのない命を社会全体で交通事故から守りましょう。

横断歩道における歩行者優先の徹底

一般社団法人日本自動車連盟が昨年調査した、信号機のない横断歩道での歩行者横断時における車両の一時停止率は27.1%で、未だに約7割の車両が停止していないのが現状です。

横断歩道での歩行者優先は「マナー」ではなく、法律に定められた「ルール」です。

ドライバーは、横断歩道における歩行者優先を徹底しましょう。

シートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底 

令和2年中、自動車乗車中の死者23人中12人がシートベルト非着用で、うち10人がシートベルトを着用していれば助かっていたと推定されています。

また、交通事故で負傷した幼児60人中51人は自動車同乗中に負傷しています。

シートベルトは交通事故から命を守る命綱です。

命を守るために、車に乗ったら全ての座席でシートベルトを着用しましょう。

そして、6歳未満の幼児を乗車させるときは、チャイルドシート等を使用しましょう。

 ○飲酒運転の根絶 

三重県では、「三重県運転飲酒0(ゼロ)をめざす条例」により、飲酒運転の根絶に向けた取組を推進していますが、令和2年中、飲酒運転による交通死亡事故が5件発生するなど未だに根絶に至っていません。

飲酒運転は犯罪です。

県民一人ひとりが「飲酒運転は絶対しない、させない、許さない」という強い自覚を持って社会全体で飲酒運転を根絶させましょう。

 

夏の交通安全県民運動チラシ(PDF:6,797KB)

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民課人権・市民交流係

〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1-1

電話番号:0599-25-1126

ファックス番号:0599-26-4325