• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > 健康・福祉 > 福祉 > 障害福祉 > ヘルプカードについて

ここから本文です。

更新日:2018年2月20日

ヘルプカードについて

 ヘルプカードは、東京都が発案したヘルプマークを用いたカードであり、全国に普及しつつあります。

 三重県でも東京都と同様のデザインのカードを作成し、県内で配布を始めました。 

概要

ヘルプカードの目的

 helpcardヘルプカードとは、援助や配慮を必要としている障がいのあるかたや病気のかたなどが、日常生活や災害時などで困っているときに周囲に示し、支援や理解を求めやすくすることを目的としています。

 

ヘルプカードの意義

  • ヘルプカードを持ち歩くことで、「外出時になにかあったらどうしよう」という本人やご家族の不安を和らげます。
  • 障がいや病気などの特性に応じた配慮やコミュニケーションの方法、緊急連絡先などを容易に伝えることができるので、周囲のかたが適切に支援をすることができます。

ヘルプカードを使うかた

 ヘルプカードは、取得要件がありません。申請も不要です。障がいのあるかたや病気のかたなど、外出先などで周囲の配慮や支援が必要であり、ヘルプカードの使用を希望される人はご利用いただけます。

ヘルプカードの使い方

助けが必要なかた

  ヘルプカードを使うかたは、支援者に知ってほしい情報をカードに記入して下さい。
 ただし、ヘルプカードはあくまでご本人やご家族の希望で使用していただくものです。知られたくない情報を無理に書く必要はありません。
 記入が終えましたら、財布に入れて持ち歩いたり、パスケースに入れてカバンにつけるなどして、助けが必要な時に取り出せるようにします。

周囲のかた

 次に、周囲のかたにお願いします。
 外見では健康そうに見えても、病気や障がい、けがなどにより日常的な動作が困難なかたがいます。ヘルプカードを持っているかたを見かけたら、声をかけたり、可能な範囲で配慮や援助をお願いします。
 医学的な知識がなくても、ちょっとしたことが大きな助けになることがあります。例えば、どうしていいかわからなくても緊急連絡先に電話していただければその先の支援に繋がります。

ヘルプカードの入手方法

1.窓口

 ヘルプカードは下記の窓口に配置しています。ご自由にお取りください。

  • 健康福祉課(鳥羽市保健福祉センターひだまり1階)
  • 市民課(鳥羽市民文化会館1階)
  • 各連絡所(坂手、加茂、鏡浦、長岡、桃取、答志、菅島、神島)

2.ホームページからのダウンロード

下記のリンクをクリックしていただきますと、PDFが表示されますので、印刷をしてカードの形に切り取り使用してください。表紙のデザインを変えなければ、ご自身が使いやすいように内容を変更していただいてかまいません。

関連リンク

 

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉課障害福祉係

〒517-0022 三重県鳥羽市大明東町2-5

電話番号:0599-25-1183

ファックス番号:0599-25-1154

三重県地域福祉課 ユニバーサルデザイン班
電話番号:059-224-3349
FAX番号:059-224-3085
Eメールアドレス:UD@pref.mie.jp