• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > 結婚・子育て > こどもの健康 > 予防接種 > 定期予防接種(乳幼児・学童)

ここから本文です。

更新日:2020年10月15日

定期予防接種(乳幼児・学童)

鳥羽市は、予防接種法に基づく予防接種をすべて個別接種で実施しています。市から配布した保護者向け小冊子「予防接種と子どもの健康」や説明文等をよく読み、予防接種の必要性や注意点、副反応などを理解した上で、なるべく早い時期に接種してください。

定期予防接種の種類と対象年齢

定期予防接種の種類・対象年齢一覧表 (PDF:103KB)(別ウィンドウで開く)

接種方法

  • 県内の医療機関に事前に電話等で予約の上、接種してください。
  • 具体的な順序や日程は、かかりつけ医と相談して接種してください。
  • 接種する際は、『母子健康手帳』、『予診票』、『被保険者証』をご持参ください。

予診票について

  • 定期予防接種を接種する際は、予診票が必要です。予診票が無いと、公費(無料)で接種することができません。但し、上記の対象年齢を過ぎると、有料になりますので、ご注意ください。
  • 接種日現在で鳥羽市に住民登録のある方に限り、鳥羽市の予診票を使用することができます。
  • 日本脳炎2期、二種混合(DT)の予診票は、標準的な接種年齢に該当する年度に、個別通知します。
  • 予診票が無い方は、健康福祉課健康係にお問い合せください。

定期予防接種についてのお知らせ

日本脳炎について

積極的な接種の差し控えにより、接種の機会を逃したかたに、特例対象者として接種時期が緩和されています(下記表参考)。母子健康手帳等で接種履歴をご確認のうえ、未接種のかたは、この機会に接種してください。参考・厚生労働省ホームページ(日本脳炎について)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開く)

平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれ 1期・2期とも未接種分が20歳未満まで未接種分の接種が可能です。
平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれ 1期未接種分を2期の年齢(9歳~13歳未満)で接種可能です。

 

子宮頸がんについて

積極的勧奨を差し控えています。詳しくは、子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の差し控えについてをご覧ください。  

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉課健康係

〒517-0022 三重県鳥羽市大明東町2-5

電話番号:0599-25-1146

ファックス番号:0599-25-1166