• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > 市政情報 > 広報 > まちの話題

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

まちの話題

答志島・和具の神祭

答志島・和具の神祭の様子

3月4日、答志町和具で豊漁と家内安全を願う八幡神社の祭り、通称「神祭」が行われました。
お的と呼ばれる弓矢の的は、竹を編み、紙を貼った上に、海藻の「ふのり」を煮詰めた糊と消炭を混ぜて作った炭を乗せたものです。
弓が放たれると一斉に、その墨を男たちが奪い合い、手に入れた墨で家や納屋、船にマル八を描くことで、一年間の大漁祈願や魔除け、災い除けなどを願います。

フラダンス・フェスティバル初開催

市民文化会館で開催された鳥羽フラ2018の様子

3月9日~11日の3日間、鳥羽市民文化会館・大ホールをメイン会場に鳥羽フラ2018が開催されました。

県内外からたくさんのかたが参加し、3月10日には、鳥羽のフラ・ハウラ・オ・ナーモミ・ピリアロハのみなさんが合同発表会(ホイケ)でダンスを披露し、観客席に降りて会場全体でパフォーマンスを行うなど、観客を魅了しました。

そのほか、本場ハワイからの豪華ゲストによるダンスも披露され、会場ではフラ・ハワイアングッズや鳥羽の名産品が販売されるなどし、とても賑わいました。

春の訪れを告げるワカメ漁

答志島和具漁港での塩ワカメづくりの様子

塩ワカメづくりの最盛期を迎えた答志島和具浦漁港では、ワカメを茹でる釜が並び、ワカメ養殖漁業者のみなさんが作業を行っています。

湯煙が立つ釜でワカメを湯がくと、鮮やかな緑色に変化します。3分ほど茹でた後、海水で冷まして取り出し、その後塩漬けにして出荷されます。

港内にはワカメの香りが広がります。この香りは環境省のかおり風景100選に認定されています。

チームで力を合わせて

鳥羽子どもフェスティバルでグラウンドゴルフを楽しむ様子

3月4日、鳥羽中央公園運動施設で第18回鳥羽子どもフェスティバルが開催されました。
今年は209人の子どもたちが参加し、多目的グラウンドではグラウンドゴルフとニュースポーツで汗を流し、市民体育館ではダンスと伊賀フットボールクラブくノ一のみなさんと一緒にサッカーをプレイして盛り上がりました。
昼食時には豚汁がふるまわれ、午後はじゃんけん大会などが行われ、子どもたちはさまざまなスポーツを通じて楽しく交流しました。

お問い合わせ

所属課室:総務課広報情報係

〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1-1

電話番号:0599-25-1114

ファックス番号:0599-26-2474