• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2011年3月22日

土地の評価方法

土地の評価は、総務大臣が定めた固定資産評価基準に基づいて、地目別に定められた評価方法により市町村長がその価格を決定します。

宅地の評価

平成6年度の税制改正により地価公示価格等の7割を目途に評価を行っています。

都市計画区域内

地価公示価格や不動産鑑定士による評価を活用し、市内の道路の路線価を決定します。路線価とは道路につけられた価格のことであり、具体的には道路に接する標準的な宅地の1平方メートル当たりの価格をいいます。

 

路線価をもとにして、各宅地の状況(奥行、間口、形状等)により必要な補正を行い、評価額を求めます。

都市計画区域外

宅地の沿接する道路の状況、家屋の疎密度、その他の利用上の便を総合的に考慮し、おおむねその状況が類似している宅地の所在する地域ごとに状況類似地区を選定し、地区内の標準的な宅地について価格を付設し、その1平方メートル当たりの単価に各筆の地積を乗じて評価額を求めます。

農地・山林・原野・雑種地等の評価

原則として、宅地(都市計画区域外)と同じく「標準地」を選定し、売買の実例価格、付近の土地の評価額に基づくなどの方法により評価します。ただし、雑種地は使用状況によっては宅地に準じた評価をする場合があります。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:税務課固定資産税係

〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1-1

電話番号:0599-25-1133

ファックス番号:0599-25-3115