• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 離島留学(寝屋子の島留学事業)

ここから本文です。

更新日:2019年12月19日

離島留学

お知らせ

1.令和2年度「寝屋子の島留学」留学生募集について

  募集パンフレット(PDF:736KB)【11月30日(土)締切】

  『りとふる 離島のススメ』(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開く)

2.「アイランダー2019」について【11月23日(土)、24日(日)開催】

  「寝屋子の島留学」に興味がある方は、「アイランダー2019」にぜひお越しください。

3.『寝屋子の島「オープンキャンパス」』の参加者募集について

 ①答志中学校「文化祭」(10/26)(PDF:594KB)

 ②答志小学校「海の子フェスティバル」(12/7)(PDF:603KB)

4.「夏休み答志島見学ツアー」の報告について

 8月23日(金)と25日(日)に、離島留学に興味がある親子のための「夏休み答志島見学ツアー」を開催しました。2日間で、4組11名の方が参加してくれました。

全景タコツボがい!ええぞ!わかめ夕日漁港

三重県鳥羽市答志島「寝屋子の島留学事業」について

東海地域唯一の離島留学事業が鳥羽市で始まっています

鳥羽市答志島にある市立答志小学校・答志中学校では、平成29年度から離島留学事業を実施しています。

寝屋子制度が残る答志島は人と人とのつながりを大切にする島です。このような地域性を持つ答志島の小・中学校へ留学し、豊かな自然の中での生活をしてみませんか。

都会には無い、人情味あふれる島の人々との触れ合いや地域に根差した様々な体験学習等は、子どもたちにとって健やかな学びと、かけがえのない思い出づくりの機会となるでしょう。

寝屋子の島留学事業は、鳥羽市と市教育委員会、地元答志島の方々や関係団体が協力して進めています。ぜひ気軽にお問い合わせください。

(問い合わせ先はページ最下部)

 

 

寝屋子とは      寝屋子とは(クリックで拡大)(PDF:223KB)

※寝屋子の島留学事業は寝屋子制度の体験事業ではなく、市立答志小中学校への留学事業です。

 

※以下の事業概要は令和2年4月入学(転学)の留学生募集内容です。

寝屋子の島留学事業の概要

●離島留学とは

児童・生徒が離島に住民票を移し、1年単位で離島の学校に通学する制度です。

●寝屋子の島留学の目的

答志地区の自然環境及び歴史文化等の中で、豊かな学びと答志島における体験活動等を願う方を対象に、答志小・中学校に転学を希望する児童・生徒を受け入れ、相互の教育効果の向上や地域に根差した教育等の充実と地域の活性化及び本市が推進する移住定住施策の推進を図ることを目的としています。

●留学形態

島親留学 親子留学

孫留学

答志島の島親のもとから児童・生徒が

通学する

親子で島に移住し通学する

児童・生徒が島の祖父母宅

から通学する

2名程度を募集 2家族程度を募集 1名程度を募集
 対象は小学4年生~中学2年生

 対象は小学1年生~中学3年生

とその家族(保護者)

対象は小学1年生~中学3年生 

里親への負担額等について

(1) 島親留学

月額6万円(保護者4万円、市助成金2万円)
 ※他に学校給食費、学校教材費等児童にかかる経費は、保護者負担とします。

(2) 親子留学  

原則として保護者の自己負担
 ※市の留学支援補助として、第一子月額2万円、第二子以降月額1万円を支給します。(在学中の最大2年間)

(3) 孫留学  

原則として保護者の自己負担
 ※市の留学支援補助として、1人につき月額1万円を支給します。(在学中の最大2年間)

(4) その他の経費

里親留学生にかかる傷害保険料年額7,500円程度(実施委員会助成後)が必要です。

募集要項等ダウンロード


 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会学校教育課学務係

〒517-0022 三重県鳥羽市大明東町1-6

電話番号:0599-25-1265

ファックス番号:0599-25-1263