• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > 環境・まちづくり > 道路・河川・港湾・公園 > 鳥羽マリンターミナルが救急サポートステーションの認定を受けました

ここから本文です。

更新日:2016年4月6日

鳥羽マリンターミナルが救急サポートステーションの認定を受けました

救急サポートステーションについて

急に体の具合が悪くなり、呼吸・脈が止まってしまうような危険な状態になった方がいる場合に、救急隊が到着するまでの間、AED(自動体外式除細動器)を使った電気ショックや心肺蘇生等の適切な応急手当を行うことができる施設が鳥羽市消防本部から救急サポートステーションに認定されます。
鳥羽マリンターミナルは平成28年3月18日に救急サポートステーションの認定を受けました。

救急サポートステーションとして認定を受けるには、次の条件を満たす必要があります。

  • 普通救命講習または上級救命講習の修了者が2名以上確保されていること
  • 営業時間または公開時間中に誰もが使用することができる場所にAEDを設置していること
  • AEDを常に使用可能な状態に整備していること
  • 消防関係法令に適合していること

AEDは鳥羽マリンターミナル1階の事務所に設置されていますので、具合の悪い方を発見した場合は、ターミナル職員に声を掛けていただくようお願いします。

 救急サポートステーション表示AED設置

鳥羽マリンターミナルホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開く)

よくある質問

お問い合わせ

鳥羽マリンターミナル事務所
電話番号0599-25-4800