• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2021年3月1日

生活支援係

健康福祉課 生活支援係

鳥羽市大明東町2番5号 鳥羽市保健福祉センターひだまり 1階

TEL 0599-25-1181 FAX 0599-25-1154

E-mail/seikatsushien@city.toba.lg.jp

主な仕事の内容

  • 生活保護、民生・児童委員、災害救助、戦没者特別弔慰金、日本赤十字社、保護司会に関すること

生活の相談

生活保護

<生活保護とは>

生活保護法は、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的としています。

 

  • 日本国憲法第25条 (生存権保障)
  • すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

生活保護が受けられるかどうか、どのような扶助がどの程度受けられるかは個々の世帯の状況によって異なります。鳥羽市内にお住まいで生活にお困りの方は、まずは鳥羽市社会福祉事務所(健康福祉課生活支援係:保健福祉センターひだまり1階)へご相談ください。 

 生活保護制度についての説明と申請から保護受給までの流れについて詳しくは「厚生労働省のホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開く)」をご覧ください。

生活困窮者自立支援制度

生活困窮者自立支援制度は、就労の状況、心身の状況、地域社会との関係性その他の事情により、現に、経済的に困窮し、最低限度の生活を維持することができなくなるおそれのある人への支援を行う制度です。

相談窓口では、一人ひとりの状況に合わせた支援プランを作成し、専門の支援員が寄り添いながら、他の専門機関と連携して解決に向けた支援を行います。

パンフレット(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開く)

 <相談受付窓口>

 暮らし相談支援センターとば

鳥羽市社会福祉協議会  (平日8:30~17:00)

〒517-0022 鳥羽市大明東町2-5
TEL : 0599-25-1188 FAX : 0599-25-1117

①自立相談支援事業 ~ 関係機関との連絡調整、包括的な支援を行います ~

生活に困りごとや不安を抱えている場合は、まず相談窓口にご相談ください。支援員が相談を受けて、どのような支援が必要かをあなたとその家族、その他関係者と一緒に考え、具体的な支援プランを作成し、寄り添いながら自立に向けた支援を行います。

 

②住居確保給付金~家賃相当額を支給します~
離職などにより住居を失った人、または失うおそれの高い人には、就職に向けた活動をすることなどを条件に、一定期間、家賃相当額を支給します。生活の土台となる住居を整えたうえで、就職に向けた支援を行います。

※年齢、離職期間、資産収入等に関する一定の要件を満たしている人が対象です。

 詳細はコチラ(PDF:369KB)

 

 ③就労準備支援事業~社会、就労への第一歩~
「社会との関わりに不安がある」、「他の人とコミュニケーションがうまくとれない」など、直ちに就労が困難な人に、プログラムにそって、一般就労に向けた基礎能力を養いながら就労に向けた支援や就労機会の提供を行います。

※期間は一年、ただし、再プランにより支援の延長ができます。
   資産収入を把握させて頂きます。

 

 ④家計改善支援事業~家計の立て直しのアドバイス~

 家計状況の「見える化」と根本的な課題を把握し、相談者が自ら家計を管理できるように、状況に応じた支援計画の作成、相談支援、関係機関へのつなぎ、家計改善の意欲を高めることを支援します。必要に応じて貸付のあっせん等を行います。

 

災害義援金

令和3年2月福島県沖地震災害義援金の受付について

令和2年7月豪雨災害義援金の受付について

 

 

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉課生活支援係

〒517-0022 三重県鳥羽市大明東町2-5

電話番号:0599-25-1181

ファックス番号:0599-25-1154