• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2011年3月22日

県指定文化財

奈佐のヤマトタチバナ

種別

県指定天然記念物

所在地

桃取町

指定年月日

昭和30年4月7日

解説

ヤマトタチバナはタチバナ、ニッポンタチバナとも呼ばれる常緑の小高木で、沖縄に生育するヒラミレモンとともに、我が国に分布する数少ないミカン属の一種である。5月頃に白色の花を開き、芳香がある。秋には美しい黄金色の直径2cm程の果をつける。桃取町には比較的多く見られ、それらの大半は野生橘ではなく、境界木として植歳されたと考えられるが、大きなものは全国的にも珍しい。なお、指定調査時には、22個体が確認され、そのうち生育の良好な大形の3個体が指定されたが、童子地区の個体はその後枯死し指定が解除された。また、楠路脇地区の1個体は同規模の巨木として追加指定を受けたものである。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育委員会生涯学習課社会教育係

〒517-0022 三重県鳥羽市大明東町1-6

電話番号:0599-25-1268

ファックス番号:0599-25-1263