• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2011年3月22日

国指定文化財

鉄獅噛文金銅象嵌鍬形

種別

国指定有形文化財(工芸品)

所在地

神島町

指定年月日

昭和38年7月1日

解説

鉄鍛造。身の中央に浅い鎬筋を立てて縁を花先形につくり、下縁に鍍金覆輪をかけ、上縁は入花先としている。左右は打ち延べて角元を出し、上端に鍍金花形笠鋲を打つ。身の表面には獅噛文の金銅平象嵌を施している。また、真向の正中の上方と左右角元下方に2個ずつの小孔がある。本品は信濃清水寺の鍬形と同じく、平安時代前期の遺品であり、上古冑鉢の装飾である三尾鉄の類から、中世の鍬形に発展した初期の形式を示す遺例である。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育委員会生涯学習課社会教育係

〒517-0022 三重県鳥羽市大明東町1-6

電話番号:0599-25-1268

ファックス番号:0599-25-1263