• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2011年3月22日

市指定文化財

しろんご祭

種別

市指定無形民俗文化財

所在地

菅島町

指定年月日

昭和46年8月18日

解説

しろんご祭りは、700年ほど前、菅島に漂着した白蛇を龍神の使いとして祭ったことに始まるといわれ、白鬚明神にあわびを供え、大魚と海上祈願する祭りである。奉納する旧暦6月11日、現在は7月11日に行われる。
早朝、島の漁船はすべて大漁旗を立てて、島の東北端の白浜に集まり、白鬚明神に参拝する。海女は浜踊りの後、ほら貝の合図で、いっせいに海に入り、あわびを捕る。最初に黒赤あわびを捕ったものは舟板にその雄貝、雌貝を載せて白鬚明神に奉納する。これを「まねきあわび」と呼び、他のあわびを招き、豊漁が約束されるという。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育委員会生涯学習課社会教育係

〒517-0022 三重県鳥羽市大明東町1-6

電話番号:0599-25-1268

ファックス番号:0599-25-1263