• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2011年3月22日

市指定文化財

日本丸の板戸

種別

市指定有形文化財(歴史資料)

所在地

鳥羽三丁目

指定年月日

昭和52年3月30日

解説

日本丸は九鬼嘉隆の戦艦として著名である。朝鮮の役後は、鳥羽に帰り、永く繋留されていたが、内藤忠重の時に改造され、大龍丸と改め、その後、次第に腐食が激しくなったため、安政のころ解体された。光岳寺にある板戸絵は、天主高楼内の書院に用いられていたという杉板の襖で、板戸四枚の各一枚は縦163cm、横75cmと、一般家庭のものよりも一回り小さい。鶏図の裏に山水画、唐人物図の裏面に鶴図の四図を描く。狩野派の濃絵で、当時の船内の豪華さが偲ばれる資料である。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育委員会生涯学習課社会教育係

〒517-0022 三重県鳥羽市大明東町1-6

電話番号:0599-25-1268

ファックス番号:0599-25-1263