• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2011年3月22日

市指定文化財

答志の寝屋子制度

種別

市指定無形民俗文化財

所在地

答志町

指定年月日

昭和60年12月19日

解説

答志地区では男子が15歳になると数人の仲間で相談し、家の広さや人柄などの条件を考慮して寝屋親を頼みに行く慣習がある。寝屋親は寝屋として自宅の一室を貸し与え、子供たちは自宅で夕食を済ませると寝屋に集まり、寝屋子として寝泊りしながら時間を共有する。そして、この仲間たちは実の兄弟同様の
結束を固める。寝屋子は27歳で解散するが、その後も生涯親密な関係を続ける。寝屋の慣習はかって西日本の漁村でもみられたが、衰退し、ほとんど存続していない。鳥羽市においても各地で行われていたが、現在では答志地区においてのみであり、伝統的な慣習を残している点で貴重である。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育委員会生涯学習課社会教育係

〒517-0022 三重県鳥羽市大明東町1-6

電話番号:0599-25-1268

ファックス番号:0599-25-1263