• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2011年3月22日

市指定文化財

松尾の親取り子取り

種別

市指定無形民俗文化財

所在地

松尾町

指定年月日

昭和60年12月19日

解説

松尾町には同族関係とは別に、年齢階層的制度が存在している。公会(くかい)と呼ばれるもので、地下の男性を年齢階層別により、寄老会、中老、若者に分けた、三つの同輩集団によって構成されている。親取り子取りとは、新たに公会入りする若者が、公会の成員と親子の縁を結ぶ儀式である。
16歳になった男子は、出生順に五人を兄、それに次ぐ五人を弟に分けられ、これも年齢順の公会の成員5人と、それぞれ親一人、子二人の親子関係を結ぶために、11月下旬の吉日を選んで、集団で縁組の儀式を行う。親子関係は、年齢的に決められ、この親子がごく近い血縁関係にあたるという、特別な場合以外は変更できない。親子の盃を交わした後は、親類としての付き合いが始まり、親の死亡の際は、墓ほりをはじめ、子は葬式の世話をすることになっている。子のことを烏帽子子と呼ぶことから、元服制度の投影であることが察せられる。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育委員会生涯学習課社会教育係

〒517-0022 三重県鳥羽市大明東町1-6

電話番号:0599-25-1268

ファックス番号:0599-25-1263