• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2011年3月22日

市指定文化財


大村島の枕状溶岩

種別

市指定天然記念物

所在地

浦村町

指定年月日

平成18年4月26日

解説

枕状溶岩とは、玄武岩などの溶岩が水中に流出した時に、溶岩の周辺部が急冷却されることによってできる岩石である。大村島の枕状溶岩は、大村島北西部の海岸に位置し、色は暗灰色を呈していて、露頭の規模は30mになる。噴出した時代は、化石より、古代ペルム紀中期からジュラ紀と推定でき、検出された化石より、当時の現地点は暖かい南方の海底と考えられることから、地質学上、1億5千万年前もの昔からの地殻の歴史を研究する資料として貴重である。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育委員会生涯学習課社会教育係

〒517-0022 三重県鳥羽市大明東町1-6

電話番号:0599-25-1268

ファックス番号:0599-25-1263