• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2011年3月22日

国登録有形文化財

旧広野家住宅(主屋、内蔵、土蔵)

種別

国登録有形文化財(建造物)

所在地

鳥羽4丁目

登録年月日

平成18年3月2日

解説

広野家は、「かどや(角屋)」と呼ばれる鳥羽随一の財産家で、江戸時代は庄屋の中でも代表格である大庄屋をつとめていました。広野家の家系図を見ると、代々「藤右衛門」を襲名し、鳥羽の土地の多くを所有し、財力もあったことから、鳥羽城内には広野藤右衛門を通すそれ用の間があったとも言われています。江戸後期に6代目が「三遷堂(さんせんどう)」という薬舗を創業し、明治になって8代目広野藤右衛門が「括嚢舎(かつのうしゃ)」という名前で営業するようになり、戦前まで続きました。蔵の中からは、鳥羽市指定有形文化財の長尾オルガンや手付かずのままの100年以上前の民具等がタイムカプセルのように残っています。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育委員会生涯学習課社会教育係

〒517-0022 三重県鳥羽市大明東町1-6

電話番号:0599-25-1268

ファックス番号:0599-25-1263