新型コロナウイルス感染症に係る農林水産業者の経営相談窓口等について

更新日:2022年03月31日

新型コロナウイルスが漁業等に与える影響について、経営に関する相談を行っている窓口や、利用していただける支援制度等についてご紹介いたします。

三重県主体による相談窓口・支援制度

新型コロナウイルス感染症に関する経営支援相談窓口の設置

三重県では、新型コロナウイルス感染症により、影響を受ける、またはその恐れがある漁業者を対象に、経営安定や資金繰りに関する相談に対応するための、経営支援相談窓口を設置しております。相談内容は、経営安定や資金繰りに関する相談、農業・漁業制度資金(農林漁業セーフティーネット資金等)についてです。

農林漁業セーフティーネット資金

三重県では、新型コロナウイルス感染症により影響を受けた農業者・漁業者の経営維持及び安定を図るため、日本政策金融公庫の農林漁業セーフティーネット資金を借り入れる場合、農業者・漁業者が負担する利子の2分の1を助成しています。詳しくは次をご覧ください。

日本政策金融公庫による相談窓口

新型コロナウイルス感染症により影響を受けた中小企業・小規模事業者や農林漁業者の方々を対象に融資や返済に関する相談窓口を設置しています。詳しくは、次をご覧ください。

三重県信用漁業連合会(マリンバンク)による相談窓口

JFマリンバンク(JF・信漁連・農林中央金庫)では、新型コロナウイルス感染症の拡大により影響を受けている方を対象に、融資等に関する相談窓口を設置しています。詳しくは、次をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

農水商工課 水産係
〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1番1号
電話番号:0599-25-1167
ファックス:0599-26-2810

メールフォームによるお問い合わせ