• ホーム
  • くらし
  • 結婚・子育て
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業
  • 環境・まちづくり
  • 市政情報

くらしの情報 > 産業 > 水産業 > 鳥羽市水産研究所

ここから本文です。

更新日:2016年6月6日

鳥羽市水産研究所

名  称

       鳥羽市水産研究所(種苗センター)

歴  史

  • 昭和39年      鳥羽市坂手町に水産研究所を設置。
  • 昭和40年      種苗センターを設置、黒のり、ワカメの種苗生産に取り組む。
  • 昭和46年      鳥羽管内の海洋調査観測を開始する。
  • 昭和58年      名古屋大学菅島臨海実験所と赤ウニの種苗生産に取り組む。
  •   〃            アラメ・カジメの藻場造成用種苗の生産研究を開始する。
  • 平成 8年      赤貝の養殖実証試験を開始する。
  • 平成14年      黒のり養殖の一期作方式への転換に取り組む。
  • 平成21年      答志支所青壮年部と取り組んだ藻場再生事業で農林水産祭天皇杯受賞。
  • 平成24年   ヒジキの種苗生産、養殖化試験に取り組む。 

施設概要

管理棟  

1     鉄骨平屋スレート葺 165㎡

 

 

 

 

種苗棟

3

      鉄骨平屋スレート葺 300㎡  

 

 

 

 

所有船舶

第五かもめ丸

2       建造 : 平成4年

       総トン数 : 0.6トン

       最大とう載人員 : 6名

 

 

 業務内容

Ⅰ.のり糸状体種苗生産

       12月~10月上旬、カキ殻約5万枚を培養クロノリ

Ⅱ.若布種苗生産

    4月中旬~11月中旬、クレモナ糸約1万mを培養 ワカメ

Ⅲ.アラメ・カジメ種苗生産

       10月中旬~3月、藻場造成のための種苗を生産、販売藻場

       10月中旬~周年、磯焼けが進んでいる海域の藻場再生試験

 

 

 

Ⅳ.その他

試験研究

     新規養殖品種の試験研究に取り組む

鳥羽海域の海藻分布調査   

          鳥羽海域で海藻の種類、分布及び海底等の状況や周年変化を調査

普及指導

         鳥羽市内で行われている漁業、養殖業等の指導及び普及等

 

 鳥羽(坂手島・水産研究所前)旬別表面水温・比重・気温 (PDF:79KB)

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農水商工課水産研究所

〒517-0005 三重県鳥羽市坂手町373

電話番号:0599-25-3316

ファックス番号:0599-25-3316