12月4日から12月10日は人権週間です

更新日:2022年03月31日

人権週間

 国際連合は、1948年(昭和23年)12月10日の第3回総会において、世界における自由、正義及び平和の基礎である基本的人権を確保するため、すべての人民とすべての国とが達成すべき共通の基準として、世界人権宣言を採択したのに続き、1950年(昭和25年)12月4日の第5回総会においては、世界人権宣言が採択された日である12月10日を「人権デー」と定め、すべての加盟国および関係機関が、この日を祝賀する日として、人権活動を推進するための諸行事を行うよう、要請する決議を採択しました。

 我が国においては、法務省と全国人権擁護委員連合会が、同宣言が採択されたことを記念して、1949年(昭和24年)から毎年12月10日を最終日とする1週間(12月4日~12月10日)を「人権週間」と定めており、その期間中、さまざまな啓発活動を行っています。

主な啓発活動【終了】

  • 広報とば12月号特集記事掲載
  • 人権ポスター展(同時開催 ストップコロナ差別のぼり旗掲出)

とき:11月27日(土曜日)~12月12日(日曜日)

ところ:鳥羽ショッピングプラザハロー2階

  • 行政放送にて特集動画の放送

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民課 人権・市民交流係
〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1番1号
電話番号:0599-25-1126
ファックス:0599-26-3323

メールフォームによるお問い合わせ