新型コロナワクチン接種証明書

更新日:2024年02月07日

令和3年7月より申請を受け付けている新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)については、12月20日にデジタル化され、スマートフォン上の専用アプリから、二次元コード付きの証明書(電子版)が発行されます。これにより、接種証明書の取得が容易になるほか、海外渡航等に限らず、国内での利用ができるようになります。

接種後にお渡しする「新型コロナウイルスワクチン接種済証(臨時)」または「新型コロナワクチン接種記録書」がお手元にある場合、国内においては引き続き証明書として有効ですので、必ずしも接種証明書・国内用の交付を受ける必要はありません。大切に保管してください。

ワクチン接種証明書(電子版)

接種証明書(電子版)の申請にはスマートフォンとマイナンバーカードが必要となります。

マイナンバーカードは、申請から交付通知書の発送まで概ね1~2か月程度かかりますので、接種証明書(電子版)の取得を検討している方は、早めにマイナンバーカードの申請をお願いします。

ワクチン接種証明書(書面)

書面の接種証明書の発行をご希望の方は、日本国内用と海外用の2種類から選択できます。

国内用、海外用の接種証明書の様式

交付対象者

  • 鳥羽市の発行した接種券(または、接種券付き予診票)で接種を受けたかた
    他の自治体等が発行した接種券で接種を受けた場合は、接種券を発行した自治体へ申請してください。

申請・発行方法

ひだまり窓口・郵送での申請を受け付け、書面で発行・返送いたします。

(注意)発行までに1週間程度必要です。

郵送先

〒517-0022 鳥羽市大明東町2番5号

鳥羽市健康福祉課 新型コロナワクチン接種対策チーム宛

必要書類

1.申請書

2.【海外用のみ】旅券(パスポート)の写し

顔写真があるページ(旅券番号・姓名の記載があるもの)

(注意)有効期限が切れている場合は、証明書を発行できません。

3.接種券(接種済証)または、接種記録書の写し

(注釈)紛失の場合は不要

4.本人確認書類の写し

住所の記載された物(運転免許証、健康保険証等、住所記載あれば旅券でも可)

郵送での申請の場合

5.返信用封筒

宛名と切手の貼付を必ずお願いします。

場合によって、必要な書類

6.旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合:旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類

7.代理人による請求の場合:本人の自署による委任状

接種証明書の意義などの制度全般に関するお問合せ先

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンターへお問い合わせください。

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)

受付時間:9時から21時(土曜日・日曜日・祝日も対応)

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課 健康係 
新型コロナワクチン接種対策チーム
〒517-0022 三重県鳥羽市大明東2番5号
電話番号:0599-37-7061
ファックス:0599-37-7199

メールフォームによるお問い合わせ