菅島灯台が重要文化財(建造物)に指定されます。

更新日:2022年05月20日

菅島灯台の重要文化財への指定について

文化庁の文化審議会は令和4年5月 20 日(金曜日)に開催された同審議会文化財分科会の審議・   議決を経て、鳥羽市菅島町に所在する菅島灯台を重要文化財に指定することを文部科学 大臣に答申しました。
 
重要文化財(建造物)の新指定の答申が行われるもの

○ 菅島灯台 1基
 
この結果、鳥羽市内の国指定の重要文化財は9件目となる予定です。

鳥羽市長コメント

平素は、当市の行政運営に多大なるご理解と協力を賜りありがとうございます。本日、国の文化審議会から文部科学大臣に対し、「菅島灯台」を国の重要文化財に指定するよう答申がなされました。
長きにわたり海上の安全を見守ってきた灯台の歴史的な価値が認められ、大変嬉しく思っています。これまでご尽力いただいた菅島町のみなさん、関係機関の皆さま、おめでとうございます。
灯台は地元のシンボルとして菅島のゆるキャラ“すがちゃん”のモチーフに使われるなど住民に愛されており、住民が周辺の植栽や草刈などを行っているほか、菅島小学校では観光客を案内する「しまっこガイド」も活躍しており、子ども達は灯台も案内しています。
今回の国指定を契機に、所有者である鳥羽海上保安部様と地元の菅島のみなさん、関係機関にもご協力をいただきながら、この貴重な灯台を後世に保存・継承されるように努めるとともに、より一層、対外的に情報発信に努め、鳥羽市の活性化にむけて取り組んで参ります。 

令和4年5月20日
鳥羽市長
中村 欣一郎

 

菅島灯台外観

菅島灯台の外観

地図情報