鳥羽市経営安定化対策事業

更新日:2022年09月01日

新型コロナウイルス感染症の影響による魚価や流通の低迷などにより、打撃を受けている市内漁業において、漁業経営の安定化及び継続への支援を図るため、新たな漁業へチャレンジする漁業者を支援します。

対象者

1.鳥羽磯部漁業協同組合の組合員で、市内に住所を有する漁業者。

2.事業収入が減少した者で、次のいずれかに該当すること。

(ア)令和3年の事業収入が令和2年または令和元年と比較して、30%以上減少していること。

(イ)令和4年1月から同年7月までの期間における任意の1月の事業収入が、令和3年、令和2年又は令和元年のいずれかの年の同月と比較して、30%以上減少していること。

※比較する年の月別の事業収入が確認できない場合は、年間事業収入を12で除して得た額を月別の事業収入とする。

3.今後も漁業を継続する意向のある者。

対象事業と経費

現在行っている漁業種類以外の新たな漁船漁業や養殖業への取組

【対象経費】
・資材・・・事業を実施するために必要となる網やロープ、錨、筏等の漁業用資材
・機材・・・事業を実施するために必要となる漁業用機械
※船舶(船外機を含む)及び車両、パソコンなどの汎用性の高い経費は補助対象外

補助金の額

補助率:1/2以内 50万円を上限 (10件程度)

※交付決定額が予算に達した時点で募集を終了いたします。

事業期間

補助金の交付決定を受けた日~令和5年2月28日まで

必要書類

1.補助金交付申請書(Wordファイル:34.5KB)

2.事業計画書(Wordファイル:35KB)

3.収支予算書(Wordファイル:36KB)

4.令和3年及び令和2年若しくは令和元年の確定申告書等、又は令和3年、令和2年若しくは令和元年のいずれかの年の確定申告書等及び令和4年1月から同年7月までの期間における任意の1月の売上台帳やこれに代わる書類

5.購入する資機材の見積書

6.漁業種類確認書(Wordファイル:30KB)(漁協発行)

申請の流れ

補助申請から補助金請求までは、次の流れとなります。

申請の流れ

※交付決定を受けてから購入した資機材が補助の対象となります。

※事業内容に変更があった場合は変更手続きが必要です。